リゾートの王様、長瀞。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip

長瀞もう、十年ほど前になりますか、まだ小さかった息子をつれて、長瀞へ行ったことがあります。

長瀞と言えば、都心からさほど離れていない距離ですが、水や緑が豊かな観光リゾート地、というイメージがありますね。その通りです。ここにはまだ手つかずの自然があふれているのです。

当時、息子はまだ幼稚園児でしたから、ちょっと都会の風景から離れると大変でした。見るもの触れるもの、すべてに興味が出てくるのですね。

息子が一番に喜んだものは、「宝登山ロープウェイ」でした。宝登山は標高497mの小山。宝登山神社の上から、奥宮の立つ山頂下までロープウェイが架かり、山頂駅からは荒川や奥秩父の山々が見渡せるのです。

ロープウェイも初めて乗せましたから、はしゃぐのはしかたないですが、息子は頂上へ行くと、ますます興奮しました。なぜなら、そこにはちょっとした動物園があるのですから。とりわけ、サルには興味を示したようでした。

長瀞観光の名スポットに、長瀞ライン下りというものがあります。

川の変化に応じた流れを、船頭の竿一本で下る船下りのことです。

長瀞の景勝地を眺めながら下る船旅はスリル満点でしょうね。と言っても、さすがに僕はこれに挑戦する勇気はありませんでしたが。

長瀞(ながとろ)は、埼玉県秩父郡北東部の地名。日本さくら名所100選・国の名勝・天然記念物(1924年指定)、日本の地質百選(2007年選定、「秩父・長瀞」)。


大きな地図で見る

 

関連記事はありません

カテゴリー: 自然を満喫, 観光   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>