大人も子供も楽しめる・秩父ミューズパーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip


秩父ミューズパーク私は30代独身の男性ですが、弟が埼玉に住んでいます。

その弟には5歳になる男の子がいます。

つまりは私の甥っ子になるわけです。

私はたまに弟の家に遊びに行くのですが、その時に弟と甥っ子でよく遊びに行く場所が、秩父ミューズパークです。

弟の家からは国道140号線を車で約1時間ほど行った所にあります。

ここは、音楽堂やプールがあったり、さらにはテニスやサイクリングもできてしまう、秩父最大のアミューズメントパークです。

まず秩父ミューズパークに着くと、武甲山に囲まれた秩父の大自然を堪能でき、甥っ子もテンションが上がってきます。

そして、いきなり甥っ子が「あれ、乗りたい!」と言いました。

目をつけたのはスカイトレインという車輪のついた汽車型の移動遊戯施設です。

スカイロードというミューズパークを横断している道を、ゆっくりとしたスピードで駆け抜けます。

次に遊んだのが、展望スベリ台という大型のスベリ台です。

長さ約50m・高さ約10mと子供にとっては迫力満点の遊具で、甥っ子は「うわーー」と叫びながら楽しそうに滑っていきました。

お腹が空いてきたので、軽食堂ピエリアという場所で食事をとることにしました。

3人ともカレーを注文し、美味しくいただきました。

甥っ子は「フランクフルトが食べたい」と言っていましたが、食べ過ぎでお腹をこわしそうなので止めました。

その後は少しメインパークを離れて、遊歩道にハイキングに行きました。

普段見ることのない植物や花が多く、甥っ子はもちろんのこと私達大人でも大変心の癒されるものでした。

ハイキングの終点では秩父を一望できる展望台があり、そこから見える景色は絶景です。

大人子供3人とも遊びすぎてクタクタに疲れきったため、甥っ子は帰りの車でスヤスヤ眠ってしまいました。

こうして楽しく遊べるということは、甥っ子にとってとてもいい体験になっていると思います。

大人も子供も楽しめる場所ですので、とてもオススメできます。

■秩父ミューズパーク

秩父ミューズパークとは、人間のあらゆる知的活動を司る女神たちの名前「ミューズ」にちなんで名づけられました。この女神たちは人々から苦しみや悩みを忘れさせ、喜びを与え、明日への生活の糧を与える女神であり、芸術・学問を司る女神でもあります。 ミュージック(音楽)、ミュージアム(博物館)、アミューズメント(娯楽)などの語もこのミューズを語源としています。

秩父ミューズパーク スポーツの森コテージは、ナラ・クヌギなどの木々に囲まれたさわやかな緑の中にたたずんでいます。観光の拠点としての宿泊はもちろんのこと、各種会議や研修会、宴会などにもご利用いただけるホールもございますので、お気軽にご利用ください。

利用料金
(消費税、サービス料込み)

1泊2食付:9,500円~13,500円
1泊朝食付:6,500円~10,500円
1泊素泊(1棟):21,500円~28,000円
※その他各種宿泊プランや宴会プランもございますのでお問い合わせください。

チェックイン 15:00~
チェックアウト ~10:00
収容人数 400名(コテージ100棟 定員:1棟4名)
アクセス 西武鉄道「西武秩父駅」または秩父鉄道「秩父駅」下車
ミューズパーク循環バス「ぐるりん号」スポーツの森下車

宿泊のご予約
お問い合わせ 秩父ミューズパーク スポーツの森コテージ
電話:0494-22-8111


大きな地図で見る

関連記事

カテゴリー: 秩父ミューズパーク   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>